タレントになるための4つの方法!オーディション以外の手段とは

オーディション以外にもタレントになれる方法はある?

オーディションの2つの形式

芸能界のオーディションには、会場選考と書類選考の2つの形式があります。この2つの形式にはそれぞれで特徴があり、メリットがあります。オーディションを受ける場合には、どちらの方法に該当しているかをチェックしましょう。

会場選考と書類選考の違い

会場選考

オーディション応募者全員と面接を行なう会場選考は、その性質上、演技力や態度、言葉遣いなどに重きをおきます。精度の高い選考方法で、実力を全面的に押し出す必要があるオーディションです。

書類選考

書類選考は、オーディション応募者が多い時に使われる選考方法で、履歴書や自己PRなどから合否を判定します。直接的に面接しない代わりに、過去の実績や自己の個性が大切になってきます。

タレントになるための4つの方法!オーディション以外の手段とは

フィルム

芸能事務所に入る

タレントになる方法で、最も王道的な手段が芸能事務所でオーディションを受け、合格するということです。オーディションの種類や規模は開催している芸能事務所によりますが、合格することで事務所への所属が可能です。事務所に所属することができれば、テレビ出演も夢ではないでしょう。

レッドカーペット

養成所・スクールに入る

芸能事務所が開設している養成所やスクールに入り、レッスンを受けてタレントを目指すという方法もあります。養成所・スクールでは、芸能に関する知識や技術を学び、その後、事務所所属のためにオーディションを受けることになります。一般的な方より芸能界へ入りやすいですが、その反面、一定期間中にある程度の成果がだせないと退学せざるを得ないので注意が必要です。

ステージ

番組の企画に応募する

時折バラエティー番組などでは、一般人が参加できる企画が用意されています。それに応募して出演することで、一躍有名タレントとなる可能性も十分に考えられます。また、番組の企画に応募するということは、短い期間でも第一線で活躍する芸能人の方と同じステージでテレビに出ることができるので、勉強という意味でもオススメできます。

ビデオカメラ

スカウトされる

芸能人の中には、芸能事務所からスカウトされてタレントでデビューするという方も少なくありません。ただ、スカウトされてデビューするのは、極めて稀なケースになります。よほどスタイルやルックスが良くない限りは厳しいということは覚えておきましょう。

タレントに向いている方の特徴

ウーマン

プロ意識が高い人

芸能界では失敗することが許されない場面も沢山あります。その為、プロ意識を持って仕事に臨めるかが重視されるのです。プロ意識が高い人であれば、様々な場面にも冷静に対処できるため、安心して仕事を任せられるでしょう。

アドリブにも対応できる人

タレントをはじめ、芸能界の仕事には台本が用意されていますが、場合によってはアドリブも必要とされます。ですから、アドリブに対応できた方が望ましいのです。また、アドリブでは見せ場を作りやすいので、結果的に仕事も増えることになるはずです。

夢を持ち続けられる人

タレントはいつブレイクして売れるかは誰にも想像できません。実際に、人によっては10年以上も売れない方もいます。しかし、夢を持ち続けることができる人ならば、仕事を頑張ることができるでしょう。

負けず嫌いな人

芸能界では沢山のライバルがおり、番組枠の取り合いで熾烈な戦いが繰り広げられています。そんな中、他の人には負けたくないと思っている方は仕事への意識も高く、努力も惜しまないはずです。よって、負けず嫌いな人はタレントに向いています。

広告募集中